よくあるご質問

*日本語の基本発音50個しか習得していなくても参加できますか?

どのレベルに属していても、すべての学生がコースに参加できます。 しかし、授業中は、 教師は日本語で教えることが義務付けられており、教材も日本語で書かれているため、初心者は、 より簡単に授業に参加するために50の日本語の基本発音に慣れることをお勧めします。

*日本での留学中にアルバイトをするのは難しいですか?

日本社会の構造に基づき、日本では高齢化が大きな問題となっています。近年、さまざまな国からの 観光客が日本を旅行 するようになっています。 例えば、コンビニエンスストア、ファーストフードレストラン 、その他のサービス業など、さまざまな業界で労働力不足となっています。 これらの事業所は、 多様な言語を備えた留学生にとても需要があります。 つまり、留学生が日本で就職することは難しくありません。

*日本でとった単位は香港でも認められますか?

通常、コースを修了した学生は、国際日本語テスト(JLPT、BJTなど)も受けることをお勧めします。 これらの試験は国際的に認められています。 ただし、弁護士、医師、会計士など、一部の専門業界では、 関連する免許の取得が必要となります。 ​

*留学生は主にどこから来ているのですか?

現在、韓国、ヨルダン、ウズベキスタン、タイ、ベトナム、そして香港など東南アジアの国々から来ています。 ​

*地震や核問題について心配なのですが…?

日本では地震が非常に頻繁に発生しているため、安全な建物の強化に対する意識は世界中の 政府から高く評価されています。全日本国民もまた、高い安全性と強い意識を持っています。 慣れというだけではなく、混乱の状況が最小限にされるよう意識を持っています。 その上核問題は、東京から約300キロ、東川から約700キロのところにある福島で起きています。 この件に関しては安心いただいて問題ないと思います。